dd北斗神拳2ピンボールマシン

起業家が法人カードを早めに作っておくメリットは大きい。なぜ作っておくべきなのか?

起業家が法人カードを早めに作っておくべき理由・メリットと、おすすめの法人カードをご紹介

起業した際にはクレジットカードを保有しておくと便利ですが、法人カードであれば尚更メリットが大きいです。「法人カードは審査が厳しいのでは?」とお考えの方もいるでしょう。しかし、起業したてでも作れる法人カードもあります。

本記事では、起業家が法人カードを保有しておくメリットや、起業家におすすめの法人カードなどをまとめてご紹介します。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください

起業家が早期に法人カードを作っておくべき理由・メリット

起業したばかりの頃であっても、法人カードを作ることはできます。以下では、起業家が早期に法人カードを作っておくべき理由・メリットについてご紹介します。

キャッシュフローの改善

起業したての頃に一番苦労するのは、資金繰りの問題でしょう。できる限り手元のキャッシュを残しておきたいところですが、人件費や広告費、突然の出費などでどんどんキャッシュは減っていってしまうものです。

そこで便利なのが、法人カードです。法人カードで支払える場合、最低1ヶ月は支払いを遅らせることができます。その間でキャッシュを用意することで、企業を倒産させずに済みます。

経費の削減になる

法人カードを効果的に利用すると、経費削減に繋がる場合があります。例えば、オフィスで使う事務用品や公共料金、広告費などの支払いを法人カードに統一すれば、指定口座から一括で自動引き落としされるので、振込手数料が削減されます。

また、ポイント還元があることも魅力の一つです。請求書で支払っていた費用を法人カードにするだけで、0.5%〜1.5%ほどの還元が受けられるカードもあります。特に資金繰りが気になる創業初期には、重視したいポイントです。

経理処理を効率化できる

法人カードを利用することで、その後の経理処理が楽になります。個人カードで法人の支払も行っている場合、後から個人で利用した決済と法人で利用した決済を見分けて処理しなければならず、大きな手間がかかります。その点、会社の費用の支払いは法人カードで行えば、見分ける手間もなく処理が簡単です。

また、法人カードは追加で複数枚のカードを発行できるケースも多くあります。発行手数料は各社によって異なりますが、無料で発行できる法人カードもあります。従業員にも法人カードを配布すれば、経費精算の手間が省け便利です。また、法人カードは会計ソフトと連携できるものが多く、どのカードで何を決済するかを分けておけば、仕訳の際にも工数を削減できるでしょう。

挑戦者を応援する法人カード「UPSIDER」

法人カードにも多くの種類がありますが、その中でも中小企業やスタートアップにおすすめしたいのが、法人カード「UPSIDER(アップサイダー)」です。年会費・発行手数料無料ながら、独自の与信モデルで最大10億円の限度額を誇ります。新規上場企業の20%以上、これまでに通算25,000社以上の企業が導入しています。バーチャルカード・リアルカードともに発行枚数は無制限です。

もちろん、起業したてのスタートアップでもお申し込みできます。

「UPSIDER」はリアルタイムに明細を通知する機能や、カードごとの上限金額設定、さらに200以上のサービスから利用先制限できる機能が存在し、従業員による私的な決済や情報漏洩による外部からの不正利用を防げる点も大きなメリットです。

また、電子帳簿保存法やインボイス制度に必要な証憑の保存も、スマホのアプリやSlackから簡単にアップロードができて便利です。AIによる自動判定機能で、アップロードした証憑が電子帳簿保存法やインボイス制度の要件に対応しているかもすぐに分かります。
他にも以下の機能が利用できます。

・利用額上限設定機能
・カード名称変更、タグ付け機能
・Slack連携機能
・カード別アカウント権限機能
・メモ/証憑アップロード機能
・仕訳機能
・カード即時ロック機能
・請求書自動回収機能
・事前、事後利用申請機能

ぜひあなたも、「UPSIDER」でビジネスを加速させてみてはいかがでしょうか。

独自の審査モデルで高い与信枠を提供

法人カード「UPSIDER」を利用するメリットの一つは、利用限度額が高いことです。もちろん個々の企業の状況によって限度額に差はありますが、最大で10億円の与信枠を提供している場合もあります。UPSIDERは通常の法人カードとは異なり、銀行口座の残高や入出金の情報から限度額を判定する独自の審査モデルを採用しています。そのため、資金調達や融資を行った際には他の法人カードよりも大きな限度額が出る可能性があります。まとまった出費があるときでも、限度額が一定あれば安心して利用できます。

日本最高レベルの利用先限定機能

デロイト トーマツ「企業の不正リスク調査白書 Fraud Survey 2022-2024」によると、過去3年間で半数以上の企業が何らかの不正を経験していると言います。不正には社内での横領や情報漏洩による外部からの不正利用など多岐にわたりますが、法人カードではカード番号が分かれば簡単に利用できてしまうこともあり、特に注意が必要です。

「UPSIDER」ではカード別に利用の上限金額や利用先を限定することができる機能が搭載されています。例えば、授業員の出張費用にリアルカードを発行し、公共交通機関や旅行予約サイトのみを利用先に限定すれば、それ以外の利用先で利用することができないので、用途外の誤った利用や、外部からの不正な決済が起こる可能性を削減できます。

証憑は10秒で回収可能、法制度にも対応

経費精算の際に面倒なのが、証憑が電子帳簿保存法・インボイス制度に対応しているかどうかのチェックです。従業員の方々も、制度の詳細を詳しく把握している方は少ないのではないでしょうか。

「UPSIDER」ではアップロードされた証憑が、電子帳簿保存法・インボイス制度に対応しているかどうか、自動で判定する機能を備えています。また、スマホアプリがあれば、証憑を簡単に10秒でアップロードできるので、証憑回収の手間も省けます。

サービスごとの決済情報を一覧化できるからコスト管理も簡単

法人カード「UPSIDER」はサービスごとの決済情報を一覧化できる機能も備えています。

各サービスごとの利用額を確認できるほか、期間で区切った利用額推移のモニタリングも可能なので、サービスの料金が急に値上がりしていないかや、無駄な費用を払い続けていないかどうかが簡単に確認できます。

年会費無料でカード発行枚数無制限・ポイント還元率1%〜

「UPSIDER」は年会費・発行手数料無料でリアルカード・バーチャルカードともに発行枚数無制限です。利用用途ごとのカード発行や、従業員ごとのカード発行を行うことで、経費精算や会計処理の手間を格段に減らすことができます。

また、ポイント還元率1%〜と、法人カードの中でも高いポイント還元率を誇ります。

起業の際には法人カードを作りましょう

以上、法人カードのメリットや、おすすめの法人カードなどをまとめてご紹介しました。
法人カードなら、起業したばかりでも申し込める法人カード「UPSIDER」がおすすめです。

利用限度額は最大10億円。年会費・発行手数料無料ながらリアルカード・バーチャルカードともに発行枚数無制限という便利な法人カードです。

あなたもぜひ、「UPSIDER」でビジネスを加速させませんか。

(監修: )
(編集: 創業手帳編集部)

この記事に関連するタグ
このカテゴリーでみんなが読んでいる記事
カテゴリーから記事を探す
今すぐ
申し込む
【無料】