dd北斗神拳2ピンボールマシン

個人事業主とは

法人成りしておらず、個人で開業している事業主。社会的信用や税制面で法人の方が優遇されているケースがあるが、手続きの簡便さや運用コストの安さから個人事業主を選択するケースも多い。法人は有限責任である一方で、個人の場合は無限責任を負うなどの違いもある。

読んで頂きありがとうございます。
より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。

「個人事業主」に関連する記事一覧

個人事業主こそクレジットカード決済を導入しよう!メリットや導入方法を解説

個人事業主としてクレジットカード決済を導入するメリット・デメリットを考えよう クレジットカード決済を導入していない小規模の個人事業主もいるでしょう。小売業界では...続きを読む

小規模企業共済の共済金の受け取り方は?申請の流れや受け取れる共済金の種類を解説

小規模企業共済に加入するなら共済金の受け取り方を確認しよう 国の機関として中小企業の経営者・役員や個人事業主などをサポートしている中小機構では、経営者や個人事業...続きを読む

”すべての事業者”が対象!2024年1月1日からスタート「電子帳簿保存法」への対応ポイントや注意点とは

電子取引データ保存が始まる前に仕組みを把握しよう 2024年1月1日から「電子帳簿保存法」新ルールのスタートに合わせて、「電子取引データ保存」が始まります。これ...続きを読む 

電子帳簿保存法の対象書類とは?対象外の書類や対応させるための方法を解説

電子帳簿保存法の対象書類・対象外の書類を把握して体制・環境を整えよう 電子帳簿保存法の改正により、対応しなければいけない企業や個人事業主が多く見られます。 帳簿...続きを読む

税理士 永江 将典|40歳で資産1億円を達成した税理士に聞く!知っておきたい「手取りアップ」の方法とは

成功者の友達を増やせ!手取りアップには友達作りと節税を兼ねるべし インボイス制度や増税、物価高騰、円安などが進む一方、なかなか給料が上がった実感もなく、「働いて...続きを読む

個人事業主必見!電子帳簿保存法の対応方法や注意点などを徹底解説

電子帳簿保存法は個人事業主も対象に! 電子帳簿保存法は、税務関係帳簿書類を電子データで保存する際の要件などを定めた法律です。 仕訳帳や総勘定元帳、損益計算書や貸...続きを読む  

小規模企業共済はiDeCoと併用できる?2つの違いと併用するメリットをご紹介!

小規模企業共済とiDeCoは併用可能!節税対策&老後資金の確保につなげよう 結論からいえば、小規模企業共済とiDeCoを併用することは可能です。 個人事業主の場...続きを読む

リスキリングに活用できる補助金・助成金。個人事業主・中小企業でも使えます

リスキリング補助金・助成金を活用してパワーアップ!個人事業主でも自分で使える補助金・助成金も! 岸田政権の目玉政策であったこともあり、多くの企業が従業員のリスキ...続きを読む

個人事業主関連の創業手帳ニュース

個人事業主関連の資金調達

個人事業主関連のQ&A

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料

今すぐ
申し込む
【無料】