dd北斗神拳2ピンボールマシン

起業家が知っておくべき法人口座と個人口座の違い。法人口座を作れないとどうなる?

起業家が法人口座を作るメリットは大きい。法人口座を作らないデメリットとおすすめの法人口座をご紹介

法人設立とともに考えておきたいのが、法人のお金を預けることになる銀行口座です。個人口座をそのまま使うのか、法人口座を設立しておくべきなのか、迷われる方もいるでしょう。

本記事では、個人口座と法人口座の違いや、法人口座を開設しなければできないこと、法人口座解説におすすめの銀行などをまとめてご紹介します。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください

起業家が知っておくべき法人口座と個人口座の違い

法人口座は個人の名義ではなく、法人の名義で作ることができる銀行口座です。法人の名義で口座を作っておけば、仮に法人の代表者が変わった場合でも、その法人口座を使い続けることができます。逆に個人口座を法人のお金の預け先にしておくと、代表者が変わった際に手続きが面倒です。

法人口座と個人口座を別々に用意しておくことで、会社のお金とプライベートのお金を混同せずに済みますし、会社の経営状況が把握しやすくなるメリットもあります。

法人口座を作れない(作らない)とどうなるのか?

法人口座を作れない・作らない場合、どのようなデメリットがあるのかご紹介します。

融資や契約がしづらい場合がある

銀行・公的機関の融資や補助金などを申し込む際には、法人口座がなければそもそも申し込みができないケースもあります。そもそも起業したばかりの頃は資金繰りで苦労される方も多いです。少しでもその選択肢を増やしておいた方が良いため、そうした意味でも、法人口座を開設しておいた方が安心できます。

また、大企業や公的機関などの中には、「法人格を持っていたとしても、法人口座がない企業とは取引しない」というポリシーを持っている企業・機関も存在します。そのような場合に、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまうことにもなります。

一日の振り込み限度額を超えてしまうことがある

法人を経営していると、従業員の方の給与の振込や、ネット広告費の支払いなど、ある程度まとまった金額を1日で振り込まなければならないケースもあるでしょう。そうした場合に、個人口座の振り込み上限額では対応できなくなることもあるかもしれません。

法人口座であれば、それぞれの事業の内容や種類、規模などに応じて振り込み上限額を自由に設定することもできます。そのため、自身のビジネスを運営していく上でそれなりの金額を定期的に支払う必要があるのであれば、法人口座を開設しておく方がおすすめです。

会社のお金の流れを把握しづらくなる

上述したように、法人用のお金を個人口座に預けておくと、会社のお金の流れを把握しづらくなります。売上や利益などの計算もしづらくなり、自社の経営成績を的確に把握することが難しくなってしまうでしょう。経営にも緩みが生じてしまう可能性もあります。

また、会計処理なども煩雑になってしまい、その分、時間やコストがかかってしまうかもしれません。

起業時に法人口座を開設するなら三井住友銀行がおすすめ

起業時に法人口座を開設するなら三井住友銀行の法人口座がおすすめです。

Webから申し込める上に、初期費用無料でさまざまな付帯サービスを受けることができます。

三井住友銀行の法人口座のインターネットバンキング「Web21<ライト>」なら、初期費用・月額利用料無料で1日あたり300万円までの当日付の振込・振替が可能です。急な高額出費であっても、ATMや店頭に行かずに、オンラインで振り込み可能です。

また、請求書の支払いなどは法人口座から自動で引き落としてくれたり、カード利用から支払いまでは56日後になったりと何かと便利な「三井住友カード ビジネスオーナーズ」のサービスも初期費用無料で利用できます。

さらに、初期費用・月額利用料ともに無料で利用できるインターネット版外国為替サービス「Global e-Tradeサービス <デビュー>タイプ」では、オフィスのPCから店頭窓口の半額以下の送金手数料で海外送金が可能になります。

これから起業される方はぜひ、三井住友銀行で法人口座を開設しませんか。

初期費用、月額利用料無料で使える「Web21<ライト>」

三井住友銀行の法人口座の付帯サービス「Web21<ライト>」は、初期費用、月額利用料無料でインターネットバンキングをご利用いただけます。

例えば、「Web21<ライト>」プランであれば、初期費用は無料、月額利用料も無料で、1日あたりの振り込み上限金額300万円までご利用いただけます。100件まで振込先登録ができ、ATMに行かずともPCやスマホから手軽に振り込みいただけます。さらに、振り込み手数料もATM・窓口よりお得です。

固定費をかけたくないというスタートアップ企業など、すでに12万社以上に利用されています。

経費精算を楽にする「三井住友カード ビジネスオーナーズ」

起業したばかりのときは、商品開発や営業など、より売上アップにつながる業務を優先したいもの。できるだけ経理などのいわゆる「守り」の業務は効率化しておきたいところです。

そこでおすすめなのが、三井住友銀行の法人口座向けサービス「三井住友カード ビジネスオーナーズ」です。請求書の処理や振り込みなどを法人口座から自動的に引き落としてくれます。また、1回払いであっても支払いはカード利用から56日後にできるので、支払いサイクルに余裕ができる点もメリットです。

他にも、ETCカードが初年度年会費無料で使えたり、ゴールドなら国内の主要空港内にあるラウンジを無料で使えたりなど、さまざまなメリットがあります。

海外送金を無料で手軽に「Global e-Tradeサービス <デビュー>タイプ」

初期費用・月額利用料ともに無料で利用できる「Global e-Tradeサービス <デビュー>タイプ」もおすすめです。

外国送金の依頼がオフィスのPCから簡単にできる他、Webからの送金になると送金手数料が店頭の場合の半額以下になります。

また、外国からの送金の入金もWebから簡単に確認できるサービスです
※本サービスには審査がございます。申込ができない場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※同一通貨間のお取引の場合には、リフティングチャージまたは円為替取扱手数料がかかります。

起業時に法人口座を開設するメリットは大きい

以上、起業家が知っておくべき法人口座と個人口座の違いや、法人口座がないとできないこと、おすすめの法人口座などについてまとめてご紹介しました。

起業家におすすめしたいのは、三井住友銀行の法人口座です。ぜひあなたも、口座開設してみてはいかがでしょうか。

(監修: )
 (編集: 創業手帳編集部) 

この記事に関連するタグ
このカテゴリーでみんなが読んでいる記事
カテゴリーから記事を探す
今すぐ
申し込む
【無料】