dd北斗神拳2ピンボールマシン

注目のスタートアップ

大学・教育機関の潜在支援者管理SaaSを提供する「Alumnote」が4.2億円調達

company

2023年12月18日、株式会社Alumnoteは、総額4億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Alumnoteは、大学・教育機関の潜在支援者管理SaaS「Alumnote」の開発・提供、全国の大学・大学生を支援するオンラインチャリティーイベント「Giving Campaign」の運営を手がけています。

名簿管理を効率化し、在校生・卒業生などの大学関係者への継続的なベネフィットの提供と、寄付金募集を円滑にするSaaSです。

寄付金収入拡大のためのノウハウ・リソースの提供と、名簿管理システムの提供といった包括的なサポートにより、大学の自主財源確立を実現します。

今回の資金は、「Alumnote」の開発、「Giving Campaign」のプロモーション、人材採用に充当します。


国内の大学の研究力は全体的に低下が続いています。また、博士課程に在籍する学生の減少、若手研究者のポストの不安定化などにより、大学の競争力の低下も指摘されています。

大学弱体化の大きな要因としては資金力がないことが取り沙汰されます。

世界の有力大学は、卒業生などから寄付を募り、集めた資金を運用しています。これをエンダウメントと呼びます。

たとえば、米国の主要大学が運用するファンドは、ハーバード大(約4.5兆円)、イェール大(約3.3兆円)、スタンフォード大(約3.1兆円)などであり、米国の大学全体では合計約65兆円規模のファンドを運営しています。

また世界の大学ランキングで1位である英国のオックスフォード大学も約8,200億円規模のファンドを運営しています。

日本においても、これら海外の有力大学の資産運用から学び、その運用益で研究力を強化する必要があります。

こうした背景から、日本においても大学基金の運用が注目されています。また、政府は2022年度から10兆円規模の大学ファンドを創設し、2024年度から対象大学への支援を開始するとしています。

また、政府は将来的には大学それぞれがエンダウメントを運用することを望んでおり、政府の立ち上げた10兆円規模の大学ファンドはそれの手本となるような運用モデルを示すことを目的としています。

こうした背景から、寄付金獲得やその管理のためのシステムのニーズが高まっており、Alumnoteは、大学・教育機関の潜在支援者管理SaaS「Alumnote」の提供によって、次世代の大学経営をサポートしています。

企業の成長には資金調達やVCの支援が必要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Alumnote BtoB Giving Campaign アルムナイ エンダウメント コミュニティ チャリティ ネットワーク ファンド ファンドレイジング 卒業生 基金 大学 大学ファンド 寄付 支援 教育機関 株式会社 構築 財源 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

リファラル採用サービス運営の「MyRefer」が6億円調達
2021年2月25日、株式会社MyReferは、総額6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 リファラル採用を活性化させるサービス「MyRefer」を運営しています。 企業・従業員・将来の採用候…
システム伴走型顧客獲得プラットフォーム「mycsess」運営の「YZ」が1億円調達
2022年6月6日、株式会社YZは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 YZは、システム伴走型顧客獲得プラットフォーム「mycsess(ミクセス)」を運営しています。 従業員20名以下…
決算開示業務効率化サービス「Uniforce」開発の「start-up studio」が1億円調達
2021年12月3日、株式会社start-up studioは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 決算開示業務効率化クラウドサービス「Uniforce」(β版)を提供しています。 も…
採血のいらない非侵襲血糖値センサー開発の「ライトタッチテクノロジー」が1億円調達
2022年2月4日、ライトタッチテクノロジー株式会社は、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 採血をせずに血糖値測定ができる非侵襲血糖値センサーを開発しています。 ライトタッチテクノロジーは…
求職者と企業の動画マッチング・サービス展開の「ビデオマッチング」が資金調達
2020年7月2日、株式会社ビデオマッチングは、資金調達を実施したことを発表しました。 求職者と企業を動画でマッチングするサービス「ビデオマッチング」を運営しています。 動画により求職者も企業も相互に…

大久保の視点

11月8日創業手帳・大久保幸世が東京IT飲み会に登壇!老舗イベントのIT飲み会とは?
「第137回東京IT飲み会」が、2023年11月8日(水)に開催されました。 IT飲み会は2008年2月にChatwork山本氏とサムシングファン薮本氏が設…
(2023/11/8)
日本スタートアップ支援協会JSSAピッチ大会:最優秀賞はミーバイオ早水建祥さん東大発バイオスタートアップ
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.32」が2023…
(2023/11/7)
インボイス未だ7割の起業家が未登録!その理由・創業手帳が起業家に独自調査
2023年10月1日からスタートとなったインボイス制度ですが、連日メディアやSNSなどで様々な意見が取り沙汰されています。 そこで、起業家・経営者向けメディ…
(2023/10/6)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】