dd北斗神拳2ピンボールマシン

令和6年度税制改正大綱

change

令和6年度税制改正大綱が12月14日の総務会で了承されました。

大綱では「賃金上昇は、コストでなく、投資である成長の原動力」と位置づけ、賃上げ促進や、国内投資促進を重点的に措置しています。

賃上げ促進税制

控除率の上乗せについて、さらに高い賃上げ率の要件を創設します。従来の4%に加え、5%・7%の賃上げを促進します。

また、赤字決算の中小企業も賃上げに取り組めるよう、新たに繰越控除制度を創設します。当期の税額から控除できなかった分を5年間繰り越すことを可能にし、構造的・持続的な賃上げを後押しします。

投資促進

半導体、電気自動車等、国として長期的な戦略投資が不可欠となる分野を選定し、10年にわたって法人税を減税する「戦略分野投資促進税制」を創設します。特許権や人工知能(AI)分野の著作権で得た所得に対して30%の所得控除を認める「イノベーションボックス税制」も創設し無形資産投資を後押しします。

その他

子育て世帯等に対する住宅ローン控除の拡充といった、子育て世帯への支援を手厚くする政策税制も盛り込まれました。


令和6年度税制改正の基本的な考え方は、長く続いた日本のデフレ構造からの脱却に伴う物価高に直面し、生活や事業活動に不安を抱えている人びとに向け、デフレ脱却の歩みを止めることなく、賃金上昇などを促進し、より多くの国民が享受できるようさらに拡げていくことにあります。

こうした考えのもと、令和6年度税制改正では、物価上昇を上回る賃金上昇の実現を最優先の課題としています。ほかにも、所得税・個人住民税の定額減税により、目に見える形で可処分所得を伸ばし、賃上げ促進税制の強化によって賃上げに挑戦する企業の裾野を広げます。

中小企業は6割が赤字企業であり、全盛措置のインセンティブが働かないという課題があります。したがって、令和6年度税制改正では、従来の賃上げ要件・控除率を維持しつつ、新たに繰り越し控除制度を創設し、これまでこの税制を活用できなかった赤字企業に対しても賃上げに挑戦できる環境を整備します。

具体的には、賃上げ促進税制の税制控除の額について、当期の税額から控除できなかった分を5年間の期間にわたって繰り越すことを可能とします。さらに賃上げ実現のため、繰り越し控除する年度については、全雇用者の給与等支給額が対前年度から増加していることを要件とします。

賃上げを行う企業は賃上げ税制などを活用することも重要です。創業手帳は無料で専門家の紹介を行っているため、税理士を必要とする企業はこちらを活用できます。また、起業家や専門家の生の声をもとに記事化した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」も無料で発行しております。ぜひご活用ください。

また、「資金調達手帳」も無料でお送りしております。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 制度改正
関連タグ 令和6年度 投資 税制 税制改正 税制改正大綱 賃上げ
詳細はこちら

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

制度改正の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「MTG」がコーポレートベンチャーキャピタル「MTG Ventures」を設立
平成30年10月1日、株式会社MTGは、コーポレートベンチャーキャピタルとして株式会社MTG Venturesを設立したことを発表しました。 MTGは、BEAUTY・WELLNESSをテーマに、美容機…
「農林中央金庫」グループの「農林中金バリューインベストメンツ」とマーケティング集団「刀」が協業
2019年8月27日、農林中金バリューインベストメンツ株式会社と、株式会社刀は、協業を開始したことを発表しました。 この協業は、投資を消費者にとって身近でわかりやすいものとし、消費者の豊かさにつなげる…
【3/22開催】オンライン説明会「令和5年度税制改正説明会(経済産業省関連)」
経済産業省九州経済産業局は「令和5年度税制改正説明会(経済産業省関連)」の開催を発表しました。 この説明会は、経済産業省に関係する税制改正のポイントである「スタートアップ・エコシステムの抜本強化」、 …
社会インパクト可視化システムと社会インパクト投資プラットフォームを開発する「インパクトサークル」が8,000万円調達
2022年3月16日、インパクトサークル株式会社は、総額約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 社会インパクト可視化型マイクロファイナンスと、社会インパクト投資プラットフォームを開発…
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン・タブレット向けニュース・アプリ「Smart…

大久保の視点

11月8日創業手帳・大久保幸世が東京IT飲み会に登壇!老舗イベントのIT飲み会とは?
「第137回東京IT飲み会」が、2023年11月8日(水)に開催されました。 IT飲み会は2008年2月にChatwork山本氏とサムシングファン薮本氏が設…
(2023/11/8)
日本スタートアップ支援協会JSSAピッチ大会:最優秀賞はミーバイオ早水建祥さん東大発バイオスタートアップ
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.32」が2023…
(2023/11/7)
インボイス未だ7割の起業家が未登録!その理由・創業手帳が起業家に独自調査
2023年10月1日からスタートとなったインボイス制度ですが、連日メディアやSNSなどで様々な意見が取り沙汰されています。 そこで、起業家・経営者向けメディ…
(2023/10/6)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】