dd北斗神拳2ピンボールマシン

「穀物グリーン化転換推進事業(籾殻利用循環型生産技術体系実証事業及びカメムシ斑点米発生抑制等生産体系実証事業)」補助金

subsidy

農林水産省は、令和5年度「穀物グリーン化転換推進事業(籾殻利用循環型生産技術体系実証事業及びカメムシ斑点米発生抑制等生産体系実証事業)」の公募について発表しました。

籾殻利用循環型生産技術体系実証事業

事業の実施にあたっては、以下の(1)から(3)までの全てに取り組むものとする。

(1)検討会の開催
穀物乾燥への籾殻の活用方法や、活用後の籾殻燃焼灰等の施用手法等の循環型生産技術体系の構築に向けた検討を行う検討会を開催するものとする。

また、必要に応じて、産地内の農業者向けの研修会や先進地での調査等を実施することができるものとする。

(2)籾殻を熱源とした穀物乾燥の実証
穀物乾燥の熱源に籾殻を利用することにより乾燥工程における温室効果ガス削減につながる技術体系の確立に必要な機械の導入・実証を行うものとする。

また、実証により生じた課題への解決に必要な改良等を行うものとする。

(3)籾殻燃焼灰等を使用した栽培管理技術確立に向けた実証
籾殻燃焼灰等の効果的な施用手法や土壌管理等の栽培管理技術を確立するための栽培実証及び専門家等による研修会等を行うものとする。

また、必要に応じて栽培実証に必要な機械を導入することができるものとする。

カメムシ斑点米発生抑制等生産体系実証事業

本事業の実施にあたっては、以下の(1)から(3)までの全てに取り組むものとする。

(1)検討会の開催
化学農薬を用いずにカメムシ類の発生を極力抑制するための水田内外の効果的な除草等の生産技術及び収穫後の選別工程における斑点米の確実な除去等の精度向上を図るための品質管理技術体系の構築に向けた検討を行う検討会を開催するものとする。

また、必要に応じて、産地内の農業者向けの研修会や先進地での調査等を実施することができるものとする。

(2)カメムシ類発生抑制生産技術の実証
化学農薬を用いずにカメムシ類の発生により生じる斑点米の被害を極力抑制するための水田内外の効果的な除草等の生産技術の確立に必要な実証を行うものとする。

また、必要に応じて試験栽培の実施に必要な機械を導入することができるものとする。

(3)選別工程における品質管理技術体系確立に向けた実証

収穫後の選別工程における斑点米の確実な除去や共連れ低減等の精度向上を図るための品質管理技術体系の確立に必要な機械の導入・実証を行うものとする。

また、実証により生じた課題への解決に必要な機械の改良等を行うものとする。

公募期間

2023年12月15日(金)から2023年1月19日(金)17:00


近年、SDGsなどの推進により、多様な業界で環境対策や環境負荷の軽減を目的とした取り組みが進められています。

農林水産業・食品業界では、これまで廃棄されていた農業残渣などの未利用資源などの活用が模索されています。

日本は米を主食としていることもあり、毎年籾殻が一定の量排出されます。籾殻は、土壌改良材、堆肥、畜舎敷料などとして再利用されていますが、そのうち約1/3ほどが廃棄されています。

「籾殻利用循環型生産技術体系実証事業」は、こうした籾殻の活用を支援するものです。

また、今年はカメムシの大量発生が話題となっています。

米農家においてカメムシは、斑点米を生み出してしまう害虫であり、対策が求められています。

カメムシ斑点米の対策といえば、農薬散布が主流な方法だったのですが、近年は農薬は環境負荷をかけるものとして使用が抑制される傾向にあります。

したがって、農薬を利用せずカメムシ類の発生を抑制する手法の確立が求められています。

「カメムシ斑点米発生抑制等生産体系実証事業」は、こうしたカメムシ類の発生を抑制する手法や、収穫後の選別工程における斑点米除去の精度向上などを支援するものです。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

また、日々更新される補助金・助成金の情報を、個人に最適化してメールでお知らせする「補助金AI」も運営しています。こちらもご活用ください。

ほかにも、資金調達のノウハウを集めた「資金調達手帳」も無料でお送りしています。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ カメムシ斑点米発生抑制等生産体系実証事業 助成金 穀物グリーン化転換推進事業 籾殻利用循環型生産技術体系実証事業 補助金
詳細はこちら

補助金ガイド
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「持続可能な食品産業への発展促進事業のうち食品産業サステナビリティ推進実証事業」追加公募(2次公募)
2023年9月11日、農林水産省は、令和5年度「持続可能な食品産業への発展促進事業のうち食品産業サステナビリティ推進実証事業」の追加公募(2次公募)について発表しました。 食品産業を持続可能なものとす…
「人材開発支援助成金」
厚生労働省は「人材開発支援助成金」について発表しました。 人材開発支援助成金は、事業主等が雇用する労働者に対して、職務に関連した専門的な知識及び技能を習得させるための職業訓練等を計画に沿って実施した場…
「中小企業子ども・子育て支援環境整備助成事業(くるみん助成金)」
令和5年度「中小企業子ども・子育て支援環境整備助成事業(くるみん助成金)」の申請受付が開始されました。 この助成金は、くるみん認定・くるみんプラス認定・プラチナくるみん認定・プラチナくるみんプラス認定…
令和5年度「老人保健健康増進等事業(老人保健事業推進費等補助金)」国庫補助協議
厚生労働省は、令和5年度「老人保健健康増進等事業(老人保健事業推進費等補助金)」の国庫補助協議(追加公募)について発表しました。 高齢者の介護、介護予防、生活支援、老人保健及び健康増進等に関わる先駆的…
「交通システムの低炭素化と利用促進に向けた設備整備事業(LRT・BRT導入利用促進事業)」補助金
一般社団法人地域循環共生社会連携協会は、令和5年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(地域の公共交通×脱炭素化移行促進事業)に係る環境省からの交付決定を受け、「交通システムの低炭素化と利用促進に向け…

大久保の視点

11月8日創業手帳・大久保幸世が東京IT飲み会に登壇!老舗イベントのIT飲み会とは?
「第137回東京IT飲み会」が、2023年11月8日(水)に開催されました。 IT飲み会は2008年2月にChatwork山本氏とサムシングファン薮本氏が設…
(2023/11/8)
日本スタートアップ支援協会JSSAピッチ大会:最優秀賞はミーバイオ早水建祥さん東大発バイオスタートアップ
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.32」が2023…
(2023/11/7)
インボイス未だ7割の起業家が未登録!その理由・創業手帳が起業家に独自調査
2023年10月1日からスタートとなったインボイス制度ですが、連日メディアやSNSなどで様々な意見が取り沙汰されています。 そこで、起業家・経営者向けメディ…
(2023/10/6)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】