dd北斗神拳2ピンボールマシン

【2024年1月15日開催】令和5年度「オーガニックビレッジ全国集会」参加者募集

event

農林水産省は、令和5年度「オーガニックビレッジ全国集会」を2024年1月15日(月)に開催する予定です。

昨年あるいは今年から取り組みを開始した市町村が、取り組みに至った経緯や創意工夫などを紹介するほか、有機農業の拡大に向けた民間団体の先進的な取り組みを紹介し、オーガニックビレッジ間の情報共有を図ると同時に、新たなオーガニックビレッジの創出につなげる全国会議です。

概要

日時:2024年1月15日(月)13:30~17:00
場所:Web開催(Zoom使用)

プログラム

(1)開会
(2)オーガニックビレッジ取組市町村からの取組紹介
 ・北海道安平町(安平町有機農業推進協議会 小路健男会長)
 ・山形県川西町(原田俊二町長)
 ・福井県越前市(山田賢一市長)
 ・長野県松川町(北沢秀公町長)
 ・兵庫県豊岡市(坂本成彦コウノトリ共生部長)
 ・島根県浜田市(久保田章市市長)
(3)流通等事業者からの取組紹介
 ・楽天農業(株)
 ・(一社)次代の農と食をつくる会
(4)体系化された技術を全国各地で指導する団体からの取組紹介
 ・(株)ジャパンバイオファーム
 ・NPO法人民間稲作研究所
 ・(一社)MOA自然農法文化事業団
 ・(株)マイファーム
(5)意見交換
(6)閉会


農林水産省は、「みどりの食料システム戦略」を踏まえ、有機農業に地域ぐるみで取り組む産地(オーガニックビレッジ)の創出に取り組む市町村の支援を行っています。

オーガニックビレッジとは、有機農業の生産から消費まで一貫し、農業者だけでなく、事業者・地域内外の住民を巻き込んだ地域ぐるみの取り組みを進める市町村のことです。

農林水産省は、この先進的なモデル地区を順次創出し、横展開を図っていく計画です。2025年までに100市町村、2030年までに200市町村創出することを目標としています。

有機農業とは、化学的に合成された肥料や農薬の使用を避け、さらに土壌の力を引き出すことで、農業による環境負荷をできる限り低減させた農業のことです。

世界では近代農業による環境への影響が批判されており、持続可能な農業の実現のための環境負荷低減に向けた動きが活発化しています。そして農業の環境負荷低減のひとつの方法として有機農業が拡大しています。

一方、日本ではあまり有機農業が実施されておらず、2020年時点では、有機農業がすべての農地に占める割合はたったの0.6%となっています。

国内において有機農業が拡大しない理由としては、高温多湿の気候であり他国よりも病虫害の被害に遭いやすい、病虫害のリスクを抑えるため非効率的な多品目栽培をとる必要があり有機農業の大規模化が困難、有機農産物は高付加価値であるものの栽培にコストがかかり慣行農業よりも収益が低下してしまうなどが挙げられます。

したがって、国内における有機農業の拡大のためには、農業者のみの努力だけでなく、地域一帯となって取り組みを推進していくことが重要です。

創業手帳では起業を目指す方などを対象に無料で専門家の紹介を行っています。起業にあたって不安や相談したいことなどがある起業家の方はぜひご活用ください。また、起業家や専門家の生の声をもとに記事化した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」も無料で発行しております。ぜひご活用ください。

また、起業においては日本政策金融公庫などの創業融資制度を活用することが重要です。「資金調達手帳」では、起業時の融資の注意点や、融資を受ける際のノウハウについて詳しく解説しています。

 読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ オーガニック オーガニックビレッジ全国集会 全国会議 全国集会 有機栽培 有機農業 生産 生産者 産地 農家 農林水産省 農業
詳細はこちら

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「持続可能な食品産業への発展促進事業のうち食品産業サステナビリティ推進実証事業」追加公募(2次公募)
2023年9月11日、農林水産省は、令和5年度「持続可能な食品産業への発展促進事業のうち食品産業サステナビリティ推進実証事業」の追加公募(2次公募)について発表しました。 食品産業を持続可能なものとす…
完全人工光オートメーション植物工場「AN」提供の「クレオテクノロジー」が資金調達
2021年11月8日、株式会社クレオテクノロジーは、資金調達を実施したことを発表しました。 高品質なレタスを栽培できる完全人工光・全自動栽培植物工場「AN」を提供しています。 従来の植物工場の1/3の…
農業向けドローン・ソリューション提供の「スカイマティクス」がMBOと9億円の調達を実施
2019年10月1日、株式会社スカイマティクスは、総額約9億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、この資金調達により、経営陣が議決権の過半数を保有します。 創業株主である三菱商事株式会社は…
アパレル製造業向け生産管理クラウド・サービス運営の「patternstorage」が資金調達 β版も併せてリリース
2020年10月1日、patternstorage株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「patternstorage」のβ版をリリースしたことも発表しました。 「patterns…
建設・土木の生産支援クラウド提供の「フォトラクション」が7.6億円調達
2021年8月25日、株式会社フォトラクションは、総額7億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 フォトラクションは、建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction(フォトラク…

大久保の視点

11月8日創業手帳・大久保幸世が東京IT飲み会に登壇!老舗イベントのIT飲み会とは?
「第137回東京IT飲み会」が、2023年11月8日(水)に開催されました。 IT飲み会は2008年2月にChatwork山本氏とサムシングファン薮本氏が設…
(2023/11/8)
日本スタートアップ支援協会JSSAピッチ大会:最優秀賞はミーバイオ早水建祥さん東大発バイオスタートアップ
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.32」が2023…
(2023/11/7)
インボイス未だ7割の起業家が未登録!その理由・創業手帳が起業家に独自調査
2023年10月1日からスタートとなったインボイス制度ですが、連日メディアやSNSなどで様々な意見が取り沙汰されています。 そこで、起業家・経営者向けメディ…
(2023/10/6)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】