dd北斗神拳2ピンボールマシン

飲食店でモバイルオーダーを導入するメリットは?効果・デメリットもあわせてご紹介

飲食店でモバイルオーダーを導入するメリットは大きい。飲食店向けモバイルオーダーシステムもご紹介

昨今、飲食店でモバイルオーダー・スマホオーダーを導入する店舗が増えてきました。直接的なきっかけとしては、コロナ禍における感染対策で導入した企業も多いでしょう。しかし他にも、業務効率化や店員の負荷軽減、顧客へのサービス提供の迅速化など、さまざまなメリットがあります。

本記事では、モバイルオーダー・スマホオーダーの導入を検討されている飲食店の方向けに、モバイルオーダーのメリット・デメリットや、おすすめのモバイルオーダーシステムなどをご紹介します。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください

飲食店でモバイルオーダーを導入するデメリットは?

まず、飲食店でモバイルオーダーを導入するデメリットについてご紹介します。

技術的な問題

モバイルオーダーを利用していると、ネットワークの接続不良やアプリの不具合など、技術的なトラブルが発生する可能性があります。そのため、品質に信頼のおけるモバイルオーダーシステムを導入するのがおすすめです。

直接的なコミュニケーションの欠如

店員との直接的な対話がなくなることで、個別の要望や質問が伝えにくくなることがあります。また、顧客がお店の店員に対して抱く愛着なども薄れてしまうかもしれません。ただし、モバイルオーダーでオーダー業務が楽になる分、店員側が顧客に対してよりきめ細やかなおもてなしができるだけの余裕も生まれるでしょう。

利用者の限定

スマートフォンやインターネットにアクセスできない人々は、モバイルオーダーシステムを利用できない可能性があります。

飲食店でモバイルオーダーを導入するメリットは?

飲食店でモバイルオーダーを導入するメリットについてご紹介します。

効率の向上

オーダーの自動化により、注文処理が迅速化され、従業員の作業負荷が軽減されます。これにより、顧客の待ち時間も短縮されます。

注文の正確性向上

モバイルオーダーでは、お客様が直接注文を入力するため、伝達ミスが減少し、注文の正確性が向上します。

顧客満足度の向上

顧客は自分のペースでメニューを閲覧し、注文できるため、ストレスフリーなオーダー体験が可能になります。結果として顧客満足度も向上するでしょう。

データ収集とパーソナライゼーション

顧客の注文履歴や好みを記録し、パーソナライズされたプロモーションや推奨を提供することができます。

収益増加の可能性

効率的なサービスとパーソナライズされたマーケティングにより、顧客のリピート率や平均チケットサイズが増加する可能性があります。

衛生面での利点

特にパンデミックの影響を受ける現代において、非接触型の注文方法は衛生的であると考えられます。

多言語サポート

異なる言語でのメニュー表示により、外国人観光客にも対応しやすくなります。増え続ける外国人観光客に対応するための現実的な対策です。

飲食店のモバイルオーダー・スマホでオーダーなら「CHUUMO」

人手不足解消や業務効率化、オーダーミス削減などのために、飲食店にモバイルオーダー・スマホオーダーを導入するなら、飲食店向けモバイルオーダーシステム「CHUUMO」がおすすめです。

「CHUUMO」でお客様がモバイルオーダーするのはとても簡単。QRコードをスキャンして出てきた画面でメニューを選択し、オーダーするだけです。テイクアウト対応も可能です。

「スマレジ」「NECモバイルPOS」とも連携しているので、従来のPOSシステムをそのまま利用できます。

システム導入や運用について心配があっても、問題ありません。導入の際には全国にある事業所からサポート可能な上、24時間365日コールセンターがサポート可能です。

「スタンダード」プランなら月額料金15,000円。あなたもぜひ「CHUUMO」でモバイルオーダーを導入してみてはいかがでしょうか。

「CHUUMO」の導入事例

飲食店向けモバイルオーダーシステム「CHUUMO」の導入事例をご紹介します。

吉祥寺 武藏家 笹塚店

家系ラーメンを提供している「吉祥寺 武藏家 笹塚店」では、「券売機に並ぶことが女性にとってのストレスになっているのでは」と仮説を立て、より女性も来店しやすいようにモバイルオーダーを導入しようと「CHUUMO」を導入されました。

導入してみたところ、狙い通り女性のお客様数が増加したばかりではなく、全体的な売上も好調だそうです。また、スタッフが接客に専念できるようになり、スタッフの定着率も向上しました。

かに道楽岡山店

かに料理専門店の「かに道楽岡山店」では、2階フロアの呼出し対応について、店員の業務負荷を軽減することと、オーダーのスピードをより早くするためにモバイルオーダーシステム「CHUUMO」を導入されました。自店で運用しているPOSシステムがそのまま運用をできる点が「CHUUMO」導入の決め手となったといいます。

導入の結果、業務負荷削減、オーダーのスピードアップだけではなく、多言語対応によって外国人顧客の接客もスムーズになったそうです。

焼肉酒場ともさんかく 別館

千葉県柏市を中心に焼肉酒場業態を展開されている「焼肉酒場ともさんかく 別館」では、二階建て店舗のオーダーの際の店員の上り下りが肉体的に負担となっており、その負担を解消したいという目的で「CHUUMO」を導入されました。

イニシャルコストを抑えて導入することができる点とスピーディな機能改善、丁寧でフットワークの良い営業マンなどが「CHUUMO」導入の決め手となったといいます。

導入によって、店員の負荷軽減だけではなく、顧客単価アップの効果もあったそうです。

飲食店でモバイルオーダー、スマホオーダーを導入しましょう

以上、飲食店でモバイルオーダー・スマホオーダーを導入するメリット・デメリットや、おすすめのモバイルオーダーシステムなどをまとめてご紹介しました。

飲食店でモバイルオーダーを導入するなら、飲食店向けモバイルオーダーシステム「CHUUMO」がおすすめです。

ぜひあなたも、飲食店向けモバイルオーダーシステム「CHUUMO」で業務効率化・売上アップを狙ってみてください。

(監修: )
(編集: 創業手帳編集部) 

この記事に関連するタグ
このカテゴリーでみんなが読んでいる記事
カテゴリーから記事を探す
今すぐ
申し込む
【無料】